新潟市議会がロシアによるウクライナ侵略に抗議する決議を全会一致で採択

新潟市議会は3日の本会議で、ロシア連邦によるウクライナ侵略に抗議する決議を全会一致で採択しました。

決議文は「ロシア連邦による武力攻撃は、ウクライナへの重大な主権侵害であり、…明らかな国連憲章に反する侵略行為である」「子供をはじめとした一般市民を犠牲にする蛮行は、国際人道法を犯す行為であり、断じて容認できない」とし、「ロシア連邦によるウクライナへの攻撃や主権侵害に対し厳重に抗議の意を表するとともに、ロシア軍を完全かつ無条件で即時に撤退させるよう」強く求める内容となっています。 ☞議会決議

この決議は、日本共産党新潟市議団が市議会の各会派に働きかけ、議会運営委員全員が連名の発議として本会議に上程されたものです。

同日、中原八一新潟市長も、同趣旨のアピールを発表しました。 ☞市長アピール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA